IT土方

Web関連の仕事をしている人が、自分のことを「IT土方」と言う事が結構あります。ある意味的を得ている言葉です。

諸事情により、私は転職を考えております。本当は詳細を書きたいところですが、次の職場の方に誤解を招かれてしまうのもよくないですし、お客さまに対しても同じですので、書けませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

求人をいろいろと見ていますと、Webデザイナーを止めて、他の仕事に就くとなる場合、未経験の中年オヤジが職を探すのと同じなんですよ。

Webデザイナーは、僕が仕事を始めた13年前にも、「仕事として成立しない、飯を食って行けない。あなたはそれでもWebデザイナーになりたいですか?」という話が結構ありました。平均年収もこの業界はかなり低い部類に入ります。しかも長時間労働で残業代は出ません。私は個人でやっていたので何とかなっていたのはあります。

今後を考えますと、テクノロジーの進歩により、この業界ごとなくなってしまうのに近いようなことも十分あり得ると思っています。もちろん、大企業、中企業がお客様のビジネスは今後ももちろん残りますけど。

同じ土方でも、IT土方と本当の土方さんではかなり違うようにも思えます。

建設業の土方の場合は、いろいろな技術が身に付いて、経験を積めば30代で現場監督も夢じゃないですよね。自分の会社を作って独立して社長として生きていく道も見えてきます。

いずれにせよ、土方をやめるとしても、現場監督として人をまとめてきた経験というのはどこの世界に行っても高く評価されます。

僕には管理職の経験がないんですよ、このあたりが少しデメリットというかそういうのはあります。(ホームページ制作会社の社長になるというのもありますけど、僕は低価格だけは絶対に何があっても譲れない条件のため、自分ひとりでやるしかなかったのです。)

いずれにせよ、今の仕事でかなり長時間労働もしてきたし、ほとんど限界まで稼働していたので、その習慣みたいなのを次の仕事にそのまま活かそうかなと思っています。まだ、自分は若い(といいきかせますw)。人生で今日が一番若い日なのだしね。

人工知能を使い始めているGoogleの検索エンジンロボット

Googleは1~2年前から検索結果に人工知能を使い始めているようです。

検索結果を見るとそんな感じがします。長年、Googleのエンジニアが設定したアルゴリズムで検索結果が表示されていたのですが、そのときと比べると検索結果に大きな違いがあるように感じます。

現時点の人工知能はあまり賢くないようで(学習の途上なんでしょう)、調べごとがあって調べてもなかなか思うような情報が得られなかったりします。私はそのように感じています。

たとえば、Aという事柄について調べたいときは、Aについて検索すれば、それについて詳しく書いてあるページがドンピシャでヒットするようになったと思います。これは検索エンジンロボットの進化だと思います。

しかし、私は多くの場合は、Aという事柄について調べたいのだけど、それに近いBという事柄についても一緒に調べたかったりするんですよ。そういうときは、以前は、Aという事柄について書いてあるサイト内にBについても書いてあって、そのサイトを見るだけで調べるのを完了できました。しかし、現在は、Bについて調べるときは、新たにBについて検索し直す必要があることが結構多くなったように思います。

このあたりは、将来的にはもっといい検索結果が表示されるようになるんでしょうけどね。

SEO対策の面でもこれが影響しているように思えます。

もちろん、ホームページを運営する人は、上記で言うと、Aについて訪問者に役に立つ有益な情報を書いて、Bについても同じようにするというのがSEO対策の王道になるのだと思います。

ただ、検索結果に反映されるかと言ったら、現時点ではそうでもないようなところがあるように感じています。

クラウド会計ソフト

最近、確定申告をクラウド会計ソフトを使う方が増えてきている感じですよね。

領収書をスマホで撮影するだけで入力が完了とか、すごいと思います。

私はずっと弥生会計で、サポート無で使うのが最強だと思ってそれで使っています。古いバージョンの弥生会計を使うためだけに、まだWindows8を使っていますよ~。

ただ、確定申告は毎年同じことをしているのですが、かなり大変で時間がかかっています。1月に入ってから、仕事の空き時間に少しづつ始めているような感じです。

クラウド会計を使っている人は、確定申告が3時間で終わった!なんていうことブログに書いている人もいるし、私は非効率なことをしているんじゃないかとも思います。

どうなんでしょうかね。弥生会計で結構いろいろ税金のことを調べたりして詳しくなったので、そのまま行くのがよい気もします。年に1回手作業で確定申告書を作ることで確定申告の方法を忘れないでいられるというのもよいとも思います。

クラウド会計は、月額費用がかかるのでこれが負担というのもあります。毎年Adobeのソフトを使うためにかなりお金がかかっているのがあるので。

現時点ではクラウド会計ソフトで夢のようなの世界!なんて訳じゃないと思うので、今のところは、もう少しクラウド会計ソフトが枯れてきてから使うのがよいのかなと考えています。私は考え方が古いところがあるなとたまに思いますけどね。

予約システム

最近、お客様からお問い合わせがありまして、予約システムを使いたいとのことでした。

過去も何度かこのようなご相談がございましたが、その時は適当なものがあまりなかったのを覚えています。システム会社が作った、月額費用の高いシステムばかりだった時代が結構長かったですね。

それが、最近は無料で簡単に利用できて、機能もすごいというものが結構出てきていることを知りました。

代表的なところだと下記のようなものになります。

RESERVA
https://reserva.be/

Coubic
https://coubic.com/

Airリザーブ
https://airregi.jp/reserve/

今までは、メール(ホームページから)の予約と電話の予約を同時に管理するのがシステム上難しかったりしましたけど、上記のものなどはすべて一元管理可能になっています。

最近は、便利なサービスが出てきて驚くことが多くなりました。将来は、電話受け付けが自動音声で予約対応!なんてものも出てきてくるのかもしれませんね。

WordPressの投稿画面にはHTMLタグを打ちこまないほうがよい

のではないかと思います。

結構ご相談を頂くんですよね。WordPressでホームページを作ったのだが、HTMLタグがWordPressの文章編集画面に打ち込んであるので、更新が難しくなってしまうというものです。

ホームページの見栄え上、特にトップページなどはHTMLタグを打って作ることはあると思います。私もトップページのみはHTMLタグを打って作ります。ただ、その他のページもすべてHTMLタグを打って作ってしまうと、更新が非常にしずらいのではないかと思います。

一番問題なのは、ホームページのリニューアルの時なんですよね。

WordPressは、テーマを着せ替えることによりデザインを変えることができます。ブログ、例えばアメブロなどで、テンプレートを変更するとデザインを変えることが出来るのと同じ仕組みになります。

しかし、文章編集画面でHTMLタグを打ちこんでいる場合は、テーマを着せ替えてデザイン変更が出来なくなってしまいます。全ページの文章編集画面のHTMLの編集が必要になってしまいかなり難しくなります。作業量が膨大になるからです。このような場合のリニューアルは、お客様が自力で行うのは難しく、ホームページ制作会社に依頼するようになりますが、ホームページ制作会社では、全ページのリニューアルになりますので、作業工数がとても多くなり、リニューアルのお見積りが非常に高くなってしまいます。

私が特にこだわりがなければ、WordPressではなく、普通のHTMLのホームページでおすすめしたいと考えているのもこれが理由なんですよね。

もちろん、私が作りますWordPressのホームページは、トップページを微修正して(ホームページをリニューアルの際はトップページは必ず変更すると思いますのでトップページはHTMLタグを打ちこんでもよいのではないかと考えています。)、テーマ着せ替え可能なように作っていますので、リニューアルの際はやりやすいと思います。

以上、私のこだわりみたいなものですが、これでお客様減らしているのかなーとも思ったりしますが、後々困らないために書いてみました。

WordPressで50ページとか100ページなどのホームページになった時に、リニューアルの際困らないように出来るのではないかなと思います。

ホームページのリニューアルをするかどうか

先日、お問い合わせがございまして、1年くらい前に作ったホームページをリニューアルされたいとのことでした。

ホームページを作って、ある程度上位表示したものの、お問い合わせがほとんどないので、お問い合わせが来るようにリニューアルしたいとのことで、私の感触では、ほぼリニューアルすることで決心している印象でした。

ホームページを拝見しましたところ、さすがに1年前のホームページということで古さを感じさせないし、見た目はきちんと出来ているホームページでした。

問題といえば、テンプレートを使用しているので、スマホ対応もされていて、よいのですが、テンプレートの制約ってどうしてもあるのかなと思いました。ホームページのレイアウトって基本の型はありますけど、お客様ごとに合わせてレイアウトを考えて作ったほうが分かりやすい構成のホームページになりますよね。それがテンプレートの場合は、無理やり情報をテンプレートの配置に押し込むみたいなところがあります。このあたりが、ホームページの分かりづらさにつながってしまうかなと思います。

あと、個人的な意見としては、テンプレートってクールでプロっぽい感じのものが多いじゃないですか。その場合、BtoB(ビジネス、会社対会社のお取引)でなく、直接お客様にご提供するサービスの場合、与える印象が冷たい感じがしてしまう、料金が高いのでは?と思われてしまうのはあるかなと思います。

私が作成の際に心がけているのは、ホームページ制作会社が作ったのではなく、お客様が自分でホームページを作っているのではないか?と思わせるような親しみやすさ、ある程度素人っぽさを残すようにしております。これが結構ヒットするらしいんですよね~。(もちろん、ジャンルによりますので、ビジネス向けの場合はこのことは考えないで作ります。)

少し脱線してしまいましたが、お問い合わせを頂きましたお客様は、ホームページはちゃんとしたものに見えるのですが、ご提供サービスが5種類くらいと多く、それに対しての説明が少なくなっていたのが良くないかなと思いました。ご提供サービスが多い場合は、通常のホームページは1サービスのことが多いですが、その5倍のページ数、文章量になっていないと、分かりづらいのではないかなと思いました。

とりあえず、これを改善するのが最優先と考えましたので、リニューアルは見送りされたほうがよいのではないでしょうか、とご連絡いたしました。まだ1年しか経っていないホームページをリニューアルするのは、費用対効果の面であまりにももったいないと考えましたのもございます。

その分を、Googleアドワーズ広告などのクリック広告に充てたほうがベターなのではないかと考えました。

残念ながら、お客様はご不満だったのか、それ以降返信は来ておりません(汗)・・・他社でリニューアルされているのかなぁ。まあ、たまにお客様のお気を悪くしてしまうこともあるのは、これはある意味避けられないのかなと思います。私の売り上げ的にはリニューアルしたほうがいいですけど、そうじゃない。

 

リニューアルのご相談を頂きますことが多いですが、多くの場合は5年以上前に作った古いホームページで、その場合はもちろんリニューアルをおすすめいたしますが、そうではないケースもございますということで書いてみました。

体調不良でダウンしてしまいました

先月末は、体調不良でダウンしてしまい、お客様にはご迷惑をお掛けしてしまいまして大変申し訳ございませんでした。

診療科を複数回ったりとか、なんと!MRI(頭のCTスキャンみたいなもの)まで受けることになってしまいました。

高熱を出して寝込んでいるほうが楽ともいえるほど症状がひどく、復活するまでは、「仕事に復帰出来なくなってしまってしまうのではないか」、とやたらと心配になりましたよ。廃人みたいな感じでした。

原因ははっきりしているので、今後は気を付けるようにしたいと思います。

もう若くはないので、無理をしてはいけないということですね。

私は、今まで稼働時間だけは馬鹿みたいに長く、それが競争力だと思っていましたけど、こういうやり方は改善して、少ない時間で成果を出すような方向も考えて行かないとならないのかもしれません。

MRIって最先端みたいなイメージがあったんですが、現時点の機材は、音がものすごく、ずーっとガガガガガ、とかピーピーなっていて、工事現場のようでした。防音のための大きなヘッドホンを付けてても結構うるさいです。また、頭をスキャンした画像は角度を連続して変えた画像とか見れるのですごいのですが、画質はまだ改善の余地があるようですね。まあ、将来のMRIは伸びしろが大きくて、すごい機材に進化するんだろうなと思いました。

MRIの画像を見るのは今回初めてじゃないですけど、初めて見た時は、こんなすごい機器があるのか!と思い、本当にびっくりしたんですよね。まさか、これを自分がこの若さで!(相対的に他の患者さんより若いだけで、本当は若くない)受けるとは思ってもみませんでした。

あと、国民健康保険の適用でもとんでもなくお金がかかるんだろうと思い、財布に2万円入れて行ったんですが、5,500円くらいでホッとしましたよ。

仕事用の電話を持つかどうか

お客様から相談がありました。正確に申し上げますと、2つの事業があって、それぞれに電話番号を持つかどうかどうしようかというご相談でした。

自分の私用の電話を仕事用に使うのは、あまり乗り気ではないようでした。

どうしてますかと聞かれましたので、「私は、電話かかってこない人なので、仕事の電話しかかかってこないので携帯は1台でやってます」と言ったら、お客様がウケていたようで面白かったです。

仕事で笑いを取れることなんてほとんどないんですけどね。

ただ、私は迷惑電話が非常に多いので、電話に出るときに自分の名前を名乗らないのです。これはお客様にとっては印象悪いと思われてしまうかもしれません。これはずっと悩みなんですよね。

これの解決方法は電話を仕事用に持つことなのかもしれませんけど、電話を2台体制にすることにより、受注が増えたり、お客様への対応がよくなったりする訳ではないので、当面は今のままで行こうと思っています。

ホームページは普通のHTMLのホームページで作ったほうがよいのかなと思います

先日、5年ほど前にホームページを作成されたお客様から連絡がありまして、ホームページを時代に合うように改造(修正)のようなご依頼を頂きました。

ホームページは、5年前でも何だかはるか昔のように感じるほど技術の移り変わりが速いように感じますね。

このお客様は普通のHTMLのホームページで作っておりましたので、問題なかったですが、これがWordPressだったら、クリアすべき事項がいくつかあり、果たしてクリアできたのだろうかとも考えてしまいました。(このお客様のホームページは、ホームページ内に他社のシステムが入っているものの為)。

ここからは私の感想みたいなものになりますが、近年はWordPressが全盛という時代ですけど、5年後、10年後もそうかといったら、何とも読めないような気がするなと思うのです。

私のホームページには、普通のホームページにするか、WordPressのホームページにするかというページがございますが、ここではお客様のご用途次第と申し上げていますが、私の本心では、普通のホームページにしといたほうが、長い目でみてお金がかからないですよ、と思います。(ここだけの話なので、小さめの声で話しますが。)

普通のHTMLのホームページは敷居が高いと思われる方が多そうですし、WordPressをやりたがらない古いタイプのホームページ制作会社と思われたらイメージが悪いので、どちらもやってます!というという面も結構実はあります。

WordPressのホームページで、例えば5年後、10年後に改造をするとなった場合、技術の進歩で、新しい技術が5年前、10年前のWordPressに互換性があるかというと、そうじゃないかもしれなく、改造出来ない場合がありそうな気もしてきてしまったんですよ。改造出来たとしても、作業工数が多くなりますので、お見積りも高くなってしまいそうです。

これが普通のHTMLのホームページでしたら、技術は1990年代に確立されたもので、枯れた技術のため改造などはとても簡単なものになりますので、将来も安心と私は思います。

以前、WordPressの前は、似たようなもので、Movable Typeというものがあったんですよ。当時はこれを使わない人は馬鹿じゃないかというほどの勢いでしたが、10年も経たずにほぼ絶滅してしまっています。(Movable Typeを使っていた人は、WordPressに乗り換えるか、普通のHTMLのホームページにするしかなくなりました。)

まあ、こんなこと書く人もいないと思うし、ぶっちゃけすぎかなと思いますけど、私ならそう思うということです。もちろん、私のホームページもWordPressではなく、普通のHTMLのホームページで作っています。