WordPressの投稿画面にはHTMLタグを打ちこまないほうがよい

のではないかと思います。

結構ご相談を頂くんですよね。WordPressでホームページを作ったのだが、HTMLタグがWordPressの文章編集画面に打ち込んであるので、更新が難しくなってしまうというものです。

ホームページの見栄え上、特にトップページなどはHTMLタグを打って作ることはあると思います。私もトップページのみはHTMLタグを打って作ります。ただ、その他のページもすべてHTMLタグを打って作ってしまうと、更新が非常にしずらいのではないかと思います。

一番問題なのは、ホームページのリニューアルの時なんですよね。

WordPressは、テーマを着せ替えることによりデザインを変えることができます。ブログ、例えばアメブロなどで、テンプレートを変更するとデザインを変えることが出来るのと同じ仕組みになります。

しかし、文章編集画面でHTMLタグを打ちこんでいる場合は、テーマを着せ替えてデザイン変更が出来なくなってしまいます。全ページの文章編集画面のHTMLの編集が必要になってしまいかなり難しくなります。作業量が膨大になるからです。このような場合のリニューアルは、お客様が自力で行うのは難しく、ホームページ制作会社に依頼するようになりますが、ホームページ制作会社では、全ページのリニューアルになりますので、作業工数がとても多くなり、リニューアルのお見積りが非常に高くなってしまいます。

私が特にこだわりがなければ、WordPressではなく、普通のHTMLのホームページでおすすめしたいと考えているのもこれが理由なんですよね。

もちろん、私が作りますWordPressのホームページは、トップページを微修正して(ホームページをリニューアルの際はトップページは必ず変更すると思いますのでトップページはHTMLタグを打ちこんでもよいのではないかと考えています。)、テーマ着せ替え可能なように作っていますので、リニューアルの際はやりやすいと思います。

以上、私のこだわりみたいなものですが、これでお客様減らしているのかなーとも思ったりしますが、後々困らないために書いてみました。

WordPressで50ページとか100ページなどのホームページになった時に、リニューアルの際困らないように出来るのではないかなと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です