クラウド会計ソフト

最近、確定申告をクラウド会計ソフトを使う方が増えてきている感じですよね。

領収書をスマホで撮影するだけで入力が完了とか、すごいと思います。

私はずっと弥生会計で、サポート無で使うのが最強だと思ってそれで使っています。古いバージョンの弥生会計を使うためだけに、まだWindows8を使っていますよ~。

ただ、確定申告は毎年同じことをしているのですが、かなり大変で時間がかかっています。1月に入ってから、仕事の空き時間に少しづつ始めているような感じです。

クラウド会計を使っている人は、確定申告が3時間で終わった!なんていうことブログに書いている人もいるし、私は非効率なことをしているんじゃないかとも思います。

どうなんでしょうかね。弥生会計で結構いろいろ税金のことを調べたりして詳しくなったので、そのまま行くのがよい気もします。年に1回手作業で確定申告書を作ることで確定申告の方法を忘れないでいられるというのもよいとも思います。

クラウド会計は、月額費用がかかるのでこれが負担というのもあります。毎年Adobeのソフトを使うためにかなりお金がかかっているのがあるので。

現時点ではクラウド会計ソフトで夢のようなの世界!なんて訳じゃないと思うので、今のところは、もう少しクラウド会計ソフトが枯れてきてから使うのがよいのかなと考えています。私は考え方が古いところがあるなとたまに思いますけどね。

税金の季節

この時期は、毎年税金の支払いの請求書が送られてきます。

・市民税・県民税

・国民健康保険料

の納付書が送られてきます。

なかなか、厳しいんですよ、これが。

 

自分で仕事始めて気が付いたんですが、自営業だと国民健康保険に入るようになるんですが、正社員の健康保険とは違い、会社が半分負担してくれないため、かなり負担が重いんですよね。

しかも、毎年値上がりしています。

 

さて、私は1人で運営していますけど、従業員さんを雇って運営しているホームページ制作会社の場合は、社員に給与を払って、社会保険料も払ってとなると、会社を維持するだけで精いっぱいな感じになるのかなと思いますけど、これだけホームページ制作会社が多いということは儲かってるんでしょうかねー。

私は、人を雇えるほど利益が出ません・・・

 

あと、よく言われるのが「個人事業主だと経費を使えるからいいじゃん。」というのがありますけど、これはですね、所得が900万円とか超えてきて、税率が高くなった人には有効ですが、そうでない場合は、自腹で払って、少し多めのポイントがもらえるという感じなんですよね。しかも、経費で使えるようなものってあまりないし。

 

参議院選挙が近いですが、毎年それなりの額の国民健康保険料を払っているけど、しかもこの国民健康保険のシステムはもう破綻しているのが実態だそうです。

だから、私にとっては、これ以上社会福祉を充実させて国民健康保険料が値上がりするよりは、破綻している国民健康保険のシステムを持続可能にするように改善してほしいなと思います。

これが実感です。

確定申告

1月から少しづつコピーを取ったり、進めてきたのですが、ようやく終わりが見え始めてきました。

確定申告は毎年やっていますが、1年に1回のため、思い出しながらやるのですが、少し忘れているものとかありますね。そんなことで時間がかかったりします。

また、私は結構何がどうなってこういう計算になるのかとか考えてしまうことが多く、いろいろと調べながらやったりしてしまうのも時間がかかる原因です。

私の仕事は、減価償却がないので、簡単は簡単でしょうけど、なかなかすべてを一人で行うのは私にとっては大変だったりします。

税理士さんに依頼するほど儲かっていないのもありますし・・・、というか確定申告は自分でできておいたほうがいいかなと考えているのもあります。

ただ、毎年このために膨大な時間を費やしているので、日本経済を考えると、税務の時間は出来るだけ短くなるように、税制を簡素化するのがいいんじゃないかな~なんて思ったりしますね。

箭内道彦さんのギター

bg

猪苗代湖ズの箭内道彦さんのギターです。

インタビュー記事を読んでいると、福島第一原発事故以来、福島への愛を叫ぶ歌を演奏するのに、いろんなことを考えないとならない状況になってしまったというのを感じます。

「何も考えずに楽しく生きれる社会、人生」というのが一番幸せなのかな、なんて思いました。

私もどちらかというと、考えすぎるタイプなのですが、まあ、大好きな福島をギターに印刷して、何も考えずに演奏すればいいのかな、という気がしました。

難しい問題ですね。