Google Mapでポインタを移動する方法(ポインタ位置指定方法)

Google Mapは非常に便利で、ホームページに地図を埋め込むのに重宝しています。

しかし、住所で検索するので、同じ番地の隣の家にポインタが立ってしまったりすることがたまにあります。その場合、ポイントの位置を移動しないとならないですね。その移動方法です。

 

1). 緯度と経度を取得

まず、

http://jsgt.org/ajax/newmon/samples/chapter03/03-31/getlatlon44.htm

のサイトに行って、ポインタを設定したい個所の緯度と経度を取得します。

日本全国の地図の状態になっていますので、ポインタを置きたい位置に地図の中心が来るようにします。

日立柏サッカー場の場合、

(35.848887178223535, 139.97476279735565)

と表示されますので、この数値をコピーします。

 

2). Google Mapで検索

35.848887178223535, 139.97476279735565

で、Google Mapで検索します。

そうすると、緑のポインタで、置きたい位置にポインタが置けました!

 

3). 地図をホームページに埋め込む

「ルート・乗換案内」をクリックします。次に、「電車マーク」をクリックします。

そうすると、Bの欄に先ほどの緯度と経度の数値が入っていると思いますので、「↑↓」のボタンを押してAの欄に移動させます。(またはBの欄の数値を消して、Aの欄に入れます)

これで、あとはリンクボタンを押して地図の埋め込みコードを取得し、地図を埋め込みます。

 

もっとスマートな方法(APIを使ったりとか)があると思いますが、APIを使うのは結構設定が多くなりますので、この方法が手軽に出来てよいのではないかと思います。

なお、この方法の場合、ホームページに埋め込んだ地図の「大きな地図で見る」を押したときに、住所が表示されないで、緯度と経度が表示されてしまいますので、ホームページには住所を記載しておくとよいです。

WordPressのアップデート

WordPressで、クロスサイトスクリプティング(ユーザのウェブブラウザ上で任意のスクリプトが実行される可能性がある)の脆弱性が確認されました。

WordPress versions 3.5.2 以前のバージョンを使用している方は、最新のバージョンにアップデートするのがよいです。

WordPressは、利用者が増えて来ましたため、最近は、システムの脆弱性を突いた攻撃が多くなってきていますので、アップデートを行ったほうがよいですね。

または、WordPressを使用しないで、普通のHTMLのホームページで作るという選択もよいと思います。