SEO対策でGoogleの人工知能に勝つことは出来ない

私がいま考えているのはこのタイトルの通りのことになります。

 

先日、あるきっかけで元Webデザイナーの人とSEOについて話すことがありました。(現役のWebデザイナーではない人です。)。

 

この方は、「キーワードはmetaタグにヒットさせたい言葉を入れればOK」と言ってました。

いくら、元Webデザイナーとは言え、古すぎるだろ~とびっくり仰天してしまったんですが、こういう人は、古くからやっている人に多いように思います。

実はこの方法は10年以上前は有効なSEO対策でした。しかし、今はmetaタグのキーワードはGoogleでは読んでいなく、ほぼ無視しているのと同様なのです。なぜ有効でなくなったかですが、metaタグにキーワードを可能な限り大量に詰め込むという方法など、metaタグをSEOのために悪用する人があまりにも増えすぎたためです。

Googleでは、このような人為的、作為的なSEO対策はペナルティとして扱うようになって今に至ります。現在は人工知能ですべてを処理しています。細かい説明ははしょりますが、上記タイトルのように私は考えています。

人為的、作為的ないわゆるテクニックはほとんどGoogle側で対策が採られています。

(もちろん、初めて自力でホームページを作られた方などは、HTMLの面でたくさん問題があったりしてSEOにマイナスになることは確かにあります。しかし、ホームページ制作会社で作ればこの点はほとんどクリア出来ます。自力でやっている方でも、スタイルシートを使ったホームページが作成出来るレベルであれば十分クリア出来ます。)

 

では、SEOを考える場合、何をすればよいか?

Googleのウェブマスター向けガイドラインにGoogleからの回答が書いてあります。

ここには、metaタグをどうしろだのは書かれていません。これは、Googleでは重要ではないと考えているということと判断してよいと思います。

ここに書かれている通りにホームページを運営すればよいということになります。

当たり前だよ~という内容なのですが、ここをよーく読んでGoogleが何を考えているかを推測するしかないですよね。

ひとつ私からヒントを出しますと(私が思うことを書きますと)、上記URLの中では、「品質に関するガイドライン」の基本方針の4項目が一番重要だと思っています。あと、「デザインとコンテンツに関するガイドライン」にもすごく重要なことが1ヶ書いてあると思います。

 

結局のところ、SEO対策を考えずに、真面目に運営するのが最大のSEO対策になると思います。SEO対策でGoogleの人工知能に勝つことは出来ないのだから。検索エンジンロボットを、いやホームページ訪問者の方を唸らせるような、いかにディープに深い内容でページを書けるかになるのではないかなと私は考えています。

もちろん、上記は、私の考えであり、他の方は全く違う考えかもしれませんが、私はGoogleの言っていることをそのままやるのが一番間違いはないのではないかと考えています。