キャノンのプリンタはハズレを引けない

プリンタはずっとEPSONを使用していたのですが、2014年の2月に初めてキャノンのプリンタを買いました。

それが、2014年12月にスキャナ不良で保証期間内修理で、現品交換になりました。実は、スキャナを使用したのがこの時が初めてだったのです!とりあえず、保証期間内で交換になってよかったと思いました。

しかし、先月2015年5月に紙送り不良発生。印刷をかけても紙が送られない不具合です。

2014年12月に交換してもらったので、まだ保証期間内だと思ってたのですが、何と!キャノンでは、修理(交換)したものについては、3ヶ月しか保証しないとのこと。

仕方なく、EPSONのプリンタを買って使っています。

1年半経たないうちに2回もプリンタが壊れるとは、困りました・・・

しかも、現品交換で送られてきたプリンタがハズレだと、もう終了ですね。

キャノンのサポートの方に聞いてみたところ、他の商品、カメラなども「修理(交換)したものについては、3ヶ月しか保証しない」と言っていました。

普通は、保証期間内は壊れないか、それとも壊れて現品交換になっても1年間は保証になると思うんですけどね・・・

 

まあ、メーカーは品質管理が徹底しているので、保証期間内に壊れる確率は多分0.5%以下なのかな~と思います(専門家でないのでただの予想ですけど)。200台に1台くらいの故障確率なのかなと思います。

それが僕は2回続いたのだから、とんでもない確率を引いてしまったのかもしれません・・・

0.005 x 0.005 x 100 = 0.0025 = 0.25%

の確率を引いてしまったということになります。

1000回キャノンのプリンタを買ったとして、2.5回しか起きないことが起きてしまったということですね。

個人的には、キャノンのプリンタは最初から壊れているようなもの、というように思ってしまうけど、今回は、とんでもない確率を引いてしまったということにするしかなさそうです。

 

なお、僕のEPSONのプリンタの故障平均年数は、3~4年なので(大体毎回このくらいで壊れる)、今回買ったEPSONプリンタが長く使えることを祈ろうと思います。