枯れた技術の水平思考

私がいる業界のサイトとかいろいろ見ていると、たまに聞く言葉です。

最初に聞いたときは、「これだ!」と思ったものですけど、次から次へと新しいものが出てくるWebの世界は、なかなかこのような冷静な思考をしなくなってしまうこともあるように思えます。

この言葉は、任天堂のゲーム&ウォッチ、ゲームボーイなどを作った横井軍平氏の言葉です。

この言葉は、私にとっては忘れてはいけない言葉のように思えます。

 

私のお客様では、本当にいろいろな業種の方がいらっしゃいますが、分かりづらい言い方ですが(自分にしか分からないように書いているのもあります(^_^;))「枯れた方法」で仕事をされている方が結構上手く行っているように思えます。枯れていない仕事でも、枯れた方法で行うというか。

Webの世界は、技術の進歩が速いため、自分はあと何年やっていけるんだろう・・・とかたまに思います。僕は定年後も働くと思うけど、それまでWeb制作業界があるかどうかも怪しいです。だって、ホームページ制作業界が本格的に出来初めて15年程度しか経っていない!ためです。Googleのマイページ機能がホームページになってしまう可能性もあるわけじゃないですか・・・あと10数年先と思いますけど。

そこで、「枯れた技術の水平思考」で何とか生き延びることが出来るのか、どうなのかという感じがします。